RG-AP680-CD-JP

屋外型/Wi-Fi 6

RG-AP680-CD-JPは、同時デュアルバンドで最大2.4Gbpsのアクセスレートを提供し、4空間ストリームに対応し、指向性アンテナを内蔵しています。RG-AP680-CD-JPは、FAT/FITモード間の切り替えをサポートし、SFPポート×1および10/100/1000Mポート×1を提供し、PoE/ローカル電源をサポートします。無線ネットワークセキュリティ、RF制御、モバイルアクセス、QoS、シームレスなローミング、およびその他の重要な要素も取り入れています。Ruijie RG-WS無線コントローラーシリーズ/クラウドACと組み合わせることにより、APで、Wi-Fiユーザーのデータ転送、高度なセキュリティおよびアクセス制御を容易にサポートすることができます。

機能・仕様

型番RG-AP680-CD-JP
ハードウェア仕様
ラジオデュアルラジオ/デュアルバンド
伝送プロトコル

IEEE 802.11b/g/a/n/ac/axをサポート

BLE 5.0

周波数帯域

802.11b/g/n/ac/ax: 2.4G ~ 2.4835GHz

802.11a/n/ac/ax: 5G: 5.150~5.350GHz、 5.725~5.850GHz

(注:周波数帯域は各国によって異なります)

アンテナ内蔵の指向性アンテナ
アンテナの角度方向性:合計60度
空間ストリーム4空間ストリーム、MU-MIMO
伝送スピード

最大0.575Gbps@2.4G

最大1.2Gbps@5G

トータル最大2.4Gbps

モジュレーション技術

OFDM: BPSK@6/9Mbps、 QPSK@12/18Mbps、 16-QAM@24Mbps、64-QAM@48/54Mbps

DSSS: DBPSK@1Mbps、 DQPSK@2Mbps and CCK@5.5/11Mbps

MIMO-OFDM: BPSK、 QPSK、 16QAM、 64QAM、 256QAM and 1024QAM

OFDMA

最大送信電力

28dBm

(注:実際の送信電力は国や地域によって異なります)

サイズ(W x D x H)251mm × 168mm × 64mm (ブラケットを取り付けません)
ウェート本体<1.5kg
業務ポート

1 x 10/100/1000Base-Tイーサネットアップリンクポート(PoE)

1 x SFP ポート

管理ポート1 x コンソールポート
ブルートゥースBluetoothシリアルポートとIBEACONの切り替えをサポート
電源

PoE (802.3af / 802.3at) をサポート

44 ~ 57V DC電源をサポート

消費電力<12.95W
環境

動作温度: -40~65°C

保管温度: -40~85°C

動作湿度: 0%~100% (結露しない)

保管湿度: 0%~100% (結露しない)

インストールモード壁かけ/ポールマウントの取り付け
IP 規格IP68
サージ保護コモンモード+/-9kV
ソフトウェア仕様
無線接続端末最大1024個
SSID数最大32個
SSID隠すサポート
認証モードの設定(各SSIDの暗号化メカニズムとVLAN属性)サポート
リモートインテリジェント認識技術(RIPT)サポート
スマートデバイス認識サポート
ロードバランスサポート
STAコントロールSSID/radio-based
帯域幅制御STA/SSID/AP-based スピード制御
セキュリティPSKとWeb認証サポート
データ暗号化WPA (TKIP)、WPA-PSK、WPA2 (AES)、WEP (64/128-bit)
データフレームフィルタリングWhitelist、static/dynamic blacklist
ユーザアイソレーションサポート
不正なAPの検出と対策サポート
動的ACLサポート
RADIUSサポート
CPU保護ポリシー (CPP)サポート
ネットワーク基盤保護ポリシー(NFPP)サポート
ルーティンIPv4 アドレスStatic IPアドレス/DHCP
管理と保守コントローラ

Ruijie WS シリーズコントローラ

Ruijie JaCS (Public Cloud)

管理プロトコルTelnet、SSH、TFTP、Web
SNMPSNMPV1,V2c,V3
Syslog/Debugサポート
FAT/FIT/MACC モードサポート

特長

RG-AP680-CD-JPの筐体には、IP68保護設計が採用されているので、極端な屋内環境および屋外環境での利用に適しています。過酷な気象条件やその他の環境条件に耐えることができるので、設置および保守の難しさが大幅に軽減されます。指向性アンテナが内蔵されたRG-AP680-CD-JPは、大部分のシナリオでWi-Fiカバレッジを実現できます。マルチホップおよびポイントツーマルチポイントブリッジ機能もサポートされているので、導入の柔軟性がさらに高まります。
現在は、管理効率や無線セキュリティの問題が大きくなっているため、すべてのRuijieエンタープライズ向けアクセスポイント(AP)はハイブリッド管理モードをサポートするようになっています。スタンドアロン型AP(FATモード)または管理型AP(FITモード)のどちらで配置しても、ファームウェアのアップグレードといった余分な手間を必要とすることなく、APは動作モードを自動的に検出できます。さらに高度なセキュリティと運用のため、エンタープライズのお客様には、機能性やキャパシティに応じて、以下の無線コントローラーオプションを使用することをお勧めしています。

パブリッククラウド:Ruijie JaCS ― Ruijie JaCS(Japan Cloud System)は、中小企業を対象として、統合キャプティブポータル機能、認証機能(従業員向けのPPSK、バウチャー、アカウントなど)、レポート機能を提供する生涯無料クラウドプラットフォームです。

主な特長

  • Wi-Fi 6の認定を取得済み
  • 最大2.4Gbps、同時デュアルバンド設計
  • 最大1,024クライアントの接続
  • 高度な指向性アンテナを内蔵
  • 卓越した環境適応性(IP68、-40~65°C、最大9kVまでのサージ保護)
  • OFDMA、MU-MIMO、BSSテクノロジにより、無線信号干渉を最小化

Wi-Fi 6対応、高密度混雑環境での安定通信を実現

ピークレート向上だけでなく、混雑した環境で安定して通信できる平均スループットの向上に向けた新技術を搭載。

OFDMA

複数のユーザーがAPを介してパケットを同時に送受信できるスケジューリングする技術で、ネットワーク転送の効率を向上。高密度環境では、ユーザーあたりの平均レートは11acの最大4倍に匹敵します。

OFDMA
BSSカラーリング

ネットワーク内の異なるWLANのBSSを異なるカラーリング(BSS色)で識別し、異なるパケット受信および送信しきい値を保持。このテクノロジーは、高密度シナリオでチャネル多重化を実装でき、ネットワークにおける同一チャネル干渉の影響を大幅に削減します。

BSSカラーリング
TWT 先進的技術による高度な省電力

シングルアンテナスタンバイ、ダイナミック省エネ MIMO 等の自動省電力化された送信テクノロ ジーやパケットごとの電力制御テクノロジー等、高度な省エネ機能を採用。高性能電源設計と相まって、電力消費を削減しながら高速ワイヤレスアクセスを実現しています。

TWT
ライフタイムフリーのクラウド管理

Ruijie JaCS は無線アクセスポイント、ネットワークスイッチ、ゲートウェイデバイスの統合管理ソリューションを提供する革新的なクラウド管理プラットフォームです。
全ての Wi-Fi デバイスは、Ruijie JaCS で集中管理が可能です。機器のシンプルなプラグアンドプレイ展開、ユーザーエクスペリエンス監視、構成管理、制御、 運用、保守、ネットワークの最適化、自動チャネル調整を含む自動 RF 管理と最適化、L2 / L3 ロ ーミング、WIPS などのワイヤレス制御をサポートします。 同時に、高度なセキュリティ「1 人、1 台のマシン、1 つのパスワード」PPSK、組み込みのクラウドポータルなど、柔軟なワイヤレスユーザーアクセス制御機能を提供します。

ライフタイムフリーのクラウド管理
業界トップクラスのローカル転送テクノロジ

Ruijieの高度なローカル転送テクノロジを使用することにより、RG-AP680-CD-JPは、無線アクセスコントローラーのトラフィックのボトルネックを解消します。Ruijie RG-WS無線コントローラーシリーズと一緒に導入することで、ユーザーはRG-AP680-CD-JPのデータ転送モードを柔軟に構成することができます。APは、データをSSIDまたはユーザーのVLANに従い無線コントローラーを介して転送するか、有線ネットワークに直接送信してデータ交換を行うかどうかも制御します。
ローカル転送テクノロジは、遅延の影響を受けやすいデータを分類して転送できます。これには、有線ネットワークを介したリアルタイムの送信が必要であり、無線コントローラーへのトラフィックの負荷を大幅に軽減し、802.11nおよび802.11acネットワークの高いトラフィック送信要件をより適切に満たします。

多数のQoSポリシー

RG-AP680-CD-JPは、さまざまなQoSポリシーをサポートしています。たとえば、WLAN/AP/STAベースの帯域幅制限を提供し、他のデータよりも重要不可欠なデータを優先して送信し、帯域幅を確保します。 マルチキャストからユニキャストへ変換するテクノロジにより、RG-AP680-CD-JPは、無線ネットワークにおけるパケットロスまたは高遅延によるビデオ遅延の問題を解決し、無線ネットワーク上のマルチキャストビデオサービスのユーザーエクスペリエンスを大幅に向上します。

各種シナリオ用のWi-Fi 6機器:
お客様に適したオプションを提供します

Ruijieは、世界をリードするエンタープライズ向けネットワーキングサプライヤーの1つであり、ステークホルダーに最高のWi-Fiエクスペリエンスを提供することに取り組んでいます。当社は、屋内、ウォールプレートから屋外アクセスポイントに至るまで、あらゆるシナリオに対応するWi-Fi 6アクセスポイントソリューションを市場で提供する最初のサプライヤーであり、さまざまな状況で最適な無線エクスペリエンスを実現します。

各種シナリオ用のWi-Fi 6機器

設置および導入が簡単

使いやすい取り付けキット
調節可能な取り付けキットが標準で利用できるため、手間のかからない最適な導入が可能です。APは簡単に調節できるので(合計60°)、さまざまなシナリオに対応することができます。

AP680屋外アクセスポイントの調節可能な取り付けキット

AP680屋外アクセスポイントの調節可能な取り付けキット

柔軟なギガビットアップリンクオプション

RG-AP680-CD-JP屋外アクセスポイントは、10/100/1000Base-Tイーサネットアップリンクポートを提供し、LANポートが無線アクセスのボトルネックになる問題を解消します。また、さまざまなユーザーシナリオの有線ネットワーク構造に対応する1000M SFPポートを提供します。SFP Base-Xポートは、データ送信負荷に対応し、最適なネットワーク展開を実現します。

柔軟なギガビットアップリンクオプション

包括的なセキュリティポリシー

ユーザーデータの暗号化

RG-AP680-CD-JPは、WEP、TKIP、AESなどの暗号化テクノロジにより包括的なデータセキュリティ保護を提供し、無線ネットワーク上のデータ送信のセキュリティを確保します。

RFセキュリティ

RuijieのRG-SNCスマートネットワークコマンダーおよびRG-WS無線コントローラーと連動して、RG-AP680-CD-JPは、RFプローブスキャンメカニズムにより、不正なアクセスポイントやその他のRF干渉源を検出します。それらが検出されると、APは無線環境における潜在的な脅威および使用状況を監視するようネットワーク管理者に警告します。

ARPスプーフィング保護

ARP検出機能は、ARPゲートウェイスプーフィングおよびARPホストスプーフィングの事象を効果的に抑制し、ユーザーの正常なインターネットアクセスを保証します。自動バインディングは、動的IP割り当ておよび静的IP割り当ての両方で実現できるので、人件費と管理費を大幅に削減することができます。ARP速度制限機能を使用すると、ARPパケットの速度を制限して、スキャンツールを悪用してネットワーク帯域幅を占有し、ネットワーク輻輳攻撃を引き起こすARPフラッディングの実行を防ぐことができます。

多数の使いやすい認証モード

Ruijie JaCSによって、ゲストホットスポット、802.1x、バウチャー/アクセスコード、ユーザーアカウントなど、幅広い認証モードをRG-AP680-CD-JP屋外アクセスポイントでサポートすることができます*。標準のネットワークアクセス制御に準拠し、ユーザーアクセス、許可、機器のコンプライアンスチェック、ネットワーク動作監視、ネットワーク攻撃防止などに関する一連の制御ポリシーを提供します。これらの制御機能はすべて、認証されたユーザーに高いネットワークセキュリティを保証します。

*一部の認証機能は2022年リリースします。

多数の使いやすい認証モード

ハイブリッド管理

Ruijieエンタープライズ向けAPはすべて、ハイブリッド管理モードをサポートしています。スタンドアロン型AP(FATモード)または管理型AP(FITモードおよびMACCモード)のどちらで配置しても、ファームウェアのアップグレードといった余分な手間を必要とすることなく、APは動作モードを自動的に検出できます。さらに高度なセキュリティと運用のため、エンタープライズのお客様には、機能性やキャパシティに応じて、以下の無線コントローラーオプションのいずれかを使用することをお勧めしています。

多数の使いやすい認証モード

Bluetoothシリアルポートによる容易な保守

RG-AP680 (CD)は、BluetoothシリアルポートとiBeaconとの間の切り替えをサポートします。デフォルト構成がBluetoothシリアルポートの場合、機器の障害が発生すると、管理者はデバイスにアクセスするために柱を登ることなく、携帯電話からデバイスを管理することができます。

保証について

Ruijie RG-AP680-CD-JP屋外アクセスポイントには3年間の保証が付いています。詳しくは、https://ruijie.co.jp/support/warranty/ をご覧ください。

アンテナのパターン

水平面(上面図)
以下にRG-AP680-CD-JPの2.4GHzおよび5GHzのアジマスアンテナパターンを示します。

RG-AP680-CD-JP 2.4GHz アジマスアンテナパターン
RG-AP680-CD-JP 5GHz アジマスアンテナパターン

RG-AP680-CD-JP 2.4GHz(左)および5GHz(右)のアジマスアンテナパターン垂直面(エレベーション)(側面図、APを下向きにした場合)

以下にRG-AP680-CD-JPの2.4GHzおよび5GHzのエレベーションアンテナパターンを示します。

RG-AP680-CD-JP 2.4GHz エレベーションアンテナパターン
RG-AP680-CD-JP 5GHz エレベーションアンテナパターン

RG-AP680-CD-JP 2.4GHz(左)および5GHz(右)のエレベーションアンテナパターン

テクニカルドキュメント

ドキュメント名 ファイル名 サイズ ダウンロード
RG-AP680-CD-JP
Access Point Datasheet
Ruijie RG-AP680-CD-JP Wireless Access Point Datasheet 2021.12.10.pdf 980KB ダウンロード
RGOS Command Reference Ruijie RG-WLAN Series Access Points RGOS Command Reference, Release 11.9(6)B1P9.pdf 11.8MB ダウンロード
RGOS Configuration Guide Ruijie RG-WLAN Series Access Points RGOS Configuration Guide, Release 11.9(6)B1P9.pdf 13.3MB ダウンロード

オーダー インフォメーション

型番説明
RG-AP680-CD-JPIEEE 802.11b/g/a/n/ac/axをサポートするデュアルラジオ/デュアルバンド屋外無線アクセスポイント。最大4個の空間ストリームと2.4Gbpsのスループットをサポート可能です。
FAT / FIT/ MACCモードの切り替え使用可能。
インストールマウントキットが含まれていますが、POEアダプタはRUIJIEから別売りです。(DC電源アダプタは必要に応じてサードパーティベンダーから別々に購入する必要があります)

無線アクセスポイントを活用したソリューションをご検討中のお客様は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ