RG-AP850-I-JPV2

屋内型/Wi-Fi 6

弊社主力製品であるRG-AP850-I-JPV2は、Wi-Fi 6に準拠した次世代の極めて高性能なエンタープライズ向けアクセスポイント(AP)です。Ruijie RG-AP850-I-JPV2は、同時デュアルバンドトライラジオ、最大10空間ストリーム、および最大6.817Gbpsの無線スループットをサポートします。

機能・仕様

型番RG-AP850-I-JPV2
ハードウェア仕様
Radio

トライラジオとデュアルバンド:

Radio1: 2.4G 11ax: 4*4 MIMO

Radio2: 5G 11ac: 2*2 MIMO

Radio3: 5G 11ax: 4*4 MIMO

無線規格IEEE 802.11b/g/a/n/ac/axをサポート
無線周波数

802.11b/g/n/ax: 2.4GHz から 2.483GHz

802.11a/n/ac/ax: 5.150GHz~5.350GHz、5.47GHz~5.725GHz、5.725GHz~5.850GHz

(注:周波数帯域は各国によって異なります)

空間ストリーム

最大 10空間ストリーム

2.4G: 4空間ストリーム

5.2G: 4空間ストリーム

5.8G: 2空間ストリーム

伝送速度

最大6.817Gbps

Radio1: 2.4Gbps 1.15Gbps

Radio2: 5Gbps 0.867Gbps

Radio3: 5Gbps 4.8Gbps

変調技術

OFDM:BPSK@6/9Mbps、QPSK@12/18Mbps、16-QAM@24Mbps、64-QAM@48/54Mbps

DSSS:DBPSK@1Mbps、DQPSK@2Mbps、CCK@5.5/11Mbps

MIMO-OFDM:BPSK、QPSK、16QAM、64QAM、256QAM 1024QAM

OFDMA

送信電力≤100mw(20dBm) (注:送信電力は各国によって異なります)
サイズ(W x D x H)220 mm x 220 mm x 48.85 mm
アンテナ内蔵スマートアンテナ
ウエート本体 ≤ 1.3 kg
業務ポート

3 x 10/100/1000BASE-Tイーサネットアップリンクポート:

LAN 1ポートはPoE/PoE+をサポート

LAN 3ポートは最大出力12V/1.5 WのPSE給電をサポート

管理ポート1 x コンソールポート
USBポートUSB2.0をサポート
リセットボタンサポート
盗難防止ロックサポート
電源供給

アダプタ:DC 48 V / 0.6 A(オプション)

PoE: IEEE 802.3af/802.3at-準拠(互換性)

消費電力<25.5W
環境

動作温度: –10°C~50°C

保管温度: –40°C~70°C

動作湿度: 5%~95% RH (結露しないこと)

保管湿度: 5%~95% RH (結露しないこと)

設置方法壁掛け/デスクトップ
ソフトウェア仕様
無線接続端末最大1536個
SSID数最大120個
仮想AP最大48個の仮想AP(1Radioあたり最大16個の仮想AP)
ステルスサポート
認証モードの設定(各SSIDの暗号化メカニズムとVLAN属性)サポート
リモートインテリジェント認識技術(RIPT)サポート
スマートデバイス認識サポート
ロードバランスサポート
STAコントロールSSID/radio-based
帯域幅制御STA/SSID/AP-based スピード制御
セキュリティPSKとWeb認証サポート
暗号化方式WPA (TKIP)、WPA-PSK、WPA2 (AES)、WEP (64/128-bit)
データフレームフィルタリングWhitelist、static/dynamic blacklist
ユーザアイソレーションサポート
不正なAPの検出と対策サポート
動的ACLサポート
RADIUSサポート
CPU保護ポリシー (CPP)サポート
ネットワーク基盤保護ポリシー(NFPP)サポート
IPIPv4 アドレスStatic IPアドレス/DHCP
マルチキャストマルチキャストからユニキャストへの変換をサポート
管理と保守コントローラ

Ruijie WS シリーズコントローラ

Ruijie JaCS (Public Cloud)

管理プロトコルTelnet、SSH、TFTP、Web
SNMPSNMPV1、V2c、V3
Syslog/Debugサポート
FAT/FIT/MACC モードサポート

特長

Wi-Fi 6 OFDMA変調、MU-MIMO、BSSカラーリングによる空間再利用を活用することにより、RG-AP850-I-JPV2は、信号干渉の最小化と最大1,536クライアントが接続可能です。さらに、RG-AP850-I-JPV2は、2つのギガビットアップリンクポート(うちの1ポートはPoE/PoE+受電に対応)、外部IoTセンサーへの接続用のLANポート1つを含む(最大出力12V/2WのPSE給電に対応)、完全な3Gの有線アクセス容量を備えた3つのイーサネットポートを提供します。Ruijieエンタープライズ向けAPはすべて、ハイブリッド管理モードをサポートしています。スタンドアロン型AP(FATモード)または管理型AP(FITモード)のどちらで配置しても、ファームウェアのアップグレードといった余分な手間を必要とすることなく、APは動作モードを自動的に検出できます。さらに高度なセキュリティと運用のため、エンタープライズのお客様には、機能性やキャパシティに応じて、以下の無線コントローラーオプションを使用することを推奨しています。

パブリッククラウド:Ruijie JaCS ― Ruijie JaCS(Japan Cloud System)は、中小企業を対象として、統合キャプティブポータル機能、認証機能(従業員向けのPPSK、バウチャー、アカウントなど)、レポート機能を提供する生涯無料クラウドプラットフォームです。

Wi-Fi 6対応、高密度混雑環境での安定通信を実現

ピークレート向上だけでなく、混雑した環境で安定して通信できる平均スループットの向上に向けた新技術を搭載。

OFDMA

複数のユーザーがAPを介してパケットを同時に送受信できるスケジューリングする技術で、ネットワーク転送の効率を向上。高密度環境では、ユーザーあたりの平均レートは11acの最大4倍に匹敵します。

OFDMA
BSSカラーリング

ネットワーク内の異なるWLANのBSSを異なるカラーリング(BSSカラー)で識別し、異なるパケット受信および送信しきい値を保持。このテクノロジーは、高密度シナリオでチャネル多重化を実装でき、ネットワークにおける同一チャネル干渉の影響を大幅に削減します。

BSSカラーリング
TWT 先進的技術による高度な省電力

シングルアンテナスタンバイ、ダイナミック省エネ MIMO 等の自動省電力化された送信テクノロ ジーやパケットごとの電力制御テクノロジー等、高度な省エネ機能を採用。高性能電源設計と相まって、電力消費を削減しながら高速ワイヤレスアクセスを実現しています。

TWT 先進的技術による高度な省電力
ライフタイムフリーのクラウド管理

Ruijie JaCS は無線アクセスポイント、ネットワークスイッチ、ゲートウェイデバイスの統合管理ソリューションを提供する革新的なクラウド管理プラットフォームです。
全ての Wi-Fi デバイスは、Ruijie JaCS で集中管理が可能です。機器のシンプルなプラグアンドプレイ展開、ユーザーエクスペリエンス監視、構成管理、制御、 運用、保守、ネットワークの最適化、自動チャネル調整を含む自動 RF 管理と最適化、L2 / L3 ロ ーミング、WIPS などのワイヤレス制御をサポートします。 同時に、高度なセキュリティ「1 人、1 台のマシン、1 つのパスワード」PPSK、組み込みのクラ ウドポータルなど、柔軟なワイヤレスユーザーアクセス制御機能を提供します。

ライフタイムフリーのクラウド管理
高拡張性設計

イーサネットポート×3の設計により、RG-AP850-I-JPV2は、2つのギガビットアップリンクポート(うちの1ポートはPoE/PoE+受電に対応)、外部IoTセンサーへの接続用のLANポート1つを含む(最大出力12V/2WのPSE給電に対応)、完全な3Gの有線アクセス容量を提供します。

業界トップクラスのローカル転送テクノロジ

業界トップクラスのローカル転送テクノロジを使用することにより、RG-AP850-I-JPV2は、無線コントローラーがトラフィックのボトルネックとなる制限を解消します。RG-WS無線コントローラーシリーズと一緒に使用することで、ユーザーはRG-AP850-I-JPV2のデータ転送モードを柔軟に事前構成することができます。APはデータを、SSIDまたはユーザーのVLANに従って無線コントローラーを介して転送するか、または有線ネットワークに直接送信してデータ交換を行うかどうかも制御します。ローカル転送テクノロジは、遅延の影響を受けやすいデータを分類して転送できます。これには、有線ネットワークを介したリアルタイムの送信が必要であり、無線コントローラーへのトラフィックの負荷を大幅に軽減し、802.11axネットワークの高いトラフィック送信要件をより適切に満たします。

多数のQoS機能

RG-AP850-I-JPV2は、さまざまなQoSポリシーをサポートしています。たとえば、WLAN/AP/STAベースの帯域幅制限機能、およびさまざまなサービスデータに対して異なる優先度を定義するWi-Fiマルチメディア(WMM)機能を提供します。RG-AP850-I-JPV2は、音声および映像の適時で定量的な送信を実現し、マルチメディアアプリケーションの円滑な動作を保証します。マルチキャストからユニキャストへ変換するテクノロジにより、RG-AP850-I-JPV2は、無線ネットワークにおけるパケットロスまたは高遅延によるビデオ遅延の問題を解決し、無線ネットワーク上のマルチキャストビデオサービスのユーザーエクスペリエンスを大幅に向上します。

包括的なセキュリティ保護

安全なユーザーアクセス

RG-AP850-I-JPV2は、ウェブ、802.1x、PPSK(動的なワンタイムパスワード)、バウチャー/アクセスコード、ユーザーアカウント、およびソーシャル認証を含む幅広い認証方式をサポートしています*。標準のネットワークアクセス制御に準拠し、ユーザーアクセス、許可、機器のコンプライアンスチェック、ネットワーク動作監視、ネットワーク攻撃防止などに関する一連の制御ポリシーを提供します。これらの制御機能はすべて、認証されたユーザーに高いネットワークセキュリティを保証します。

*一部の認証機能は2022年リリースします。

シンプルかつ効果的な無線セキュリティの実践

従来の事前共有キー(PSK)は、WLAN上のすべてのユーザーによって共有されるため、PSK流出の潜在的なリスクがあります。Ruijieの個人用PSK(PPSK)は、エンタープライズグレードのセキュリティレベルを提供する設定しやすい無線認証方式です。  資格情報は、個別に作成および取り消すことができます。個々のPPSKは、固有のユーザー/マシンに関連付けることもできます。PPSKを使用することで、以下の利点を得ることができます。

  • 個々のSSIDに対して、各ユーザーおよび各デバイスに異なるパスワードを使用することによる高いセキュリティ
  • アカウントの一括作成によるシンプルな導入
  • 使いやすく、WPA/WPA2-PSKと同等のエクスペリエンスを提供
  • 追加のAAAは不要
仮想APテクノロジ

仮想APテクノロジにより、RG-AP850-I-JPV2は最大48のESSIDをサポートします。ネットワーク管理者は、VLANまたは同一のSSIDのサブネットを個別に暗号化および分離することができ、それにより個々のSSIDで指定された認証モードおよび暗号化メカニズムを使用することができます。

ハイブリッド管理

柔軟な管理オプション

柔軟な管理オプション

Web GUIおよびCLI管理インターフェース

RG-AP850-I-JPV2は、APおよび無線コントローラー用に、WebベースのGUIとコマンドラインインターフェース(CLI)の両方をサポートし、さまざまなシナリオでの利用に適しています。CLIの設計により、ネットワークの専門家は、迅速なトラブルシューティング、および構成の一括インポートまたは変更を行うことができます。Web GUI管理は、無線ネットワークの計画、運用、および保守の一般的なシナリオの大部分に、カスタマイズの必要なく適用することができます。

テクニカルドキュメント

ドキュメント名 ファイル名 サイズ ダウンロード
RG-AP850-I-JPV2
Access Point Datasheet
Ruijie RG-AP850-I-JPV2 Wireless Access Point Datasheet 2021.12.10.pdf 656KB ダウンロード
RGOS Command Reference Ruijie RG-WLAN Series Access Points RGOS Command Reference, Release 11.9(6)B1P6S2.pdf 31.2MB ダウンロード
RGOS Configuration Guide Ruijie RG-WLAN Series Access Points RGOS Configuration Guide, Release 11.9(6)B1P6S2.pdf 24.8MB ダウンロード

オーダー インフォメーション

型番説明
RG-AP850-I-JPV2IEEE 802.11b/g/a/n/ac/axをサポートするトライラジオ/デュアルバンド無線アクセスポイント。最大10個の空間ストリームと6.817Gbpsのスループットをサポート可能です。
FAT / FIT/ MACCモードの切り替え使用可能。
(802.3ATおよびローカル電源サポート(アダプタ(型番:RG-DC5415)を別途購入する必要があります)

無線アクセスポイントを活用したソリューションをご検討中のお客様は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームへ